?>

イスラエル治安機関前長官、「イスラエルは後世には残らない」

イスラエル治安機関前長官、「イスラエルは後世には残らない」

シオニスト政権イスラエルの治安機関シャバクのディスキン前長官が、同政権の寿命に懸念を示し、「イスラエルは決して、後世に残ることはないだろう」と語りました。

ABNA24 : ディスキン氏は、イスラエルの新聞イディオト・アハロノトに掲載された論説において、「近い将来、イスラエル人の30パーセントだけがイスラエルの経済的および軍事的問題の最も多くの部分を負担させられることになり、その結果イスラエル社会は今後待ち受ける諸問題から解放されなくなるだろう」と述べています。

また、「イスラエルの二極化は日々深まっており、イスラエル領内の右派と左派間の二極化と見解の相違は、ユダヤ人とアラブ人の違いよりもはるかに大きい。また政府のシステムへの不信感や政府内での汚職はますます増大し、社会的連帯は脆弱化している」としました。

さらに、「ハリデムと呼ばれるユダヤ教の超正統派は、イスラエルにとっての重荷と化している。彼らは反シオニスト的なアプローチをとっているとともに、その思想はイスラエルを害悪や崩壊へと引き込んでいる」と語っています。

そして、「他にも、古典的な世俗主義者、過激派ユダヤ人、ドイツや東欧諸国に移住したアシュケナジムと呼ばれるユダヤ人、西アジアやコーカサス地域に移住したユダヤ人ミズラヒム、そして大富豪や貧困層もまた経済問題などに耐えられない人々である」とし、「イスラエルがこのような経済的、社会的、治安状況で生き残ることは決してできないこと、そして何よりも悪いことに、多くのユダヤ人がイスラエル以外の地域に住むことを望んでいることは、専門家でなくとも容易に理解できるものだ」と述べました。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO