?>

イスラエルに逮捕されたパレスチナ人、1967年以降で累計100万人に

イスラエルに逮捕されたパレスチナ人、1967年以降で累計100万人に

パレスチナ捕虜協会は、シオニスト政権イスラエルにより1967年からこれまでに逮捕されたパレスチナ人の人数が、累計で100万人以上となったことを明らかにしました。

ABNA24 : ファールス通信によりますと、パレスチナ捕虜協会は5日土曜、このシオニスト政権による100万人の逮捕者のうち、5万人が子ども、1万7000人以上が女性であったとしました。

シオニスト政権の刑務所にいる勾留者は、厳しい環境を耐え忍んでいます。

同協会の発表によれば、心身両面の様々な拷問にさらされていることにより、1967年からこれまでに226人のパレスチナ人が刑務所内で殉教しました。このうち73人は拷問、71人は不十分な医療、82人はシオニスト占領兵の発砲被弾が死因となっています。

さらに別のパレスチナ人数百人は、短い勾留期間の後に解放されたものの、拷問や不十分な医療のために殉教しています。また、もっと多くの人数が精神的・身体的問題に直面しています。

国際社会に対しては、このイスラエルの犯罪への沈黙を破って、国際法に基づき、それらの犯罪行為やパレスチナ人の常態的な逮捕を止めさせるよう早急な対応を取ることが求められています。

シオニスト政権は、拡張主義的な目的によって、毎日のように様々なパレスチナ人居住地区を襲撃し、彼らを殉教や負傷に至らせているほか、逮捕、連行、勾留しています。

今現在も、およそ4800人のパレスチナ人がシオニスト政権の刑務所内に勾留されています。このうち170人は子ども、39人は女性、数十人は高齢者です。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*