?>

イスラエルがパレスチナ・ガザ地区を空爆

イスラエルがパレスチナ・ガザ地区を空爆

情報筋が、シオニスト政権イスラエルがガザ地区北東部のハーンユーニスを空爆したと報じました。

ABNA24 : ファールス通信によりますと、無人機で行われたと見られるこの空爆は、ガザ地区から占領されたパレスチナ領土に飛ばされた火炎風船に対する報復として実施されました。

ガザ地区では東部に加えて南部地域も、シオニスト政権の攻撃を受けたとされています。

パレスチナ・イスラム抵抗運動ハマスはこの攻撃を、力を誇示しようとするシオニスト政権の無駄な努力だとしています。

これ以前にも、シオニスト政権の戦争大臣は、ガザ地区からの火炎風船に対し黙っていることはないと警告し、同地区への空爆を継続するだろうと脅しをかけました。

火炎風船はシオニスト入植者にとって問題の種となっています。シオニスト政権のベネット首相の反応に加えて、ガザ周辺の入植地居住者も、「この風船の危険性は、パレスチナ抵抗勢力のミサイルと遜色ない」と述べています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*