?>

イスラエルが、核兵器開発に120億ドルの費用を拠出

イスラエルが、核兵器開発に120億ドルの費用を拠出

核兵器を禁止し廃絶するために活動する世界のNGOの連合体・ICAN核兵器廃絶国際キャンペーンが最新の報告の中で、シオニスト政権イスラエルが核兵器の開発にかけている費用の規模を明らかにしました。

ABNA24 : 英国を拠点とするパン・アラブ系ニュース・サイトのアラビー21によりますと、ICANは最新報告の中で、「2021年に全世界で核兵器開発に当てられた費用は9%増加して824億ドルに達している。このうち、半分以上をアメリカが占めている。同国は2021年に自国の核兵器開発に442億ドルを費やし、これは前年比で12.7%の増加を示している」としています。

アメリカに次いで、核兵器開発に最も多くの費用をかけているのは順にロシア、フランス、イギリスとなっています。

また、アジア諸国の中では、同年において核兵器に最も多くの費用をかけたのはインドが23億ドル、次いでパキスタンが11億ドルとされています。

この報告では、シオニスト政権イスラエルによる核兵器開発費用にも触れており、同政権は2021年、核兵器開発に12億ドルを費やした、とされています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*