?>

イエメン関係者、「英は我が国への武器搬入を止めるべき」

イエメン関係者、「英は我が国への武器搬入を止めるべき」

イエメンのムハンマド・アリー・アルフーシ最高革命委員会委員長が、イギリスがイエメンへ新型コロナウイルスワクチンを無償提供すると主張したことに反応して、「イギリス政府はまずはじめに、我が国に武器というウイルスを送るのを止めるべきだ」としました。

ABNA24 : イルナー通信によりますと、アルフーシ最高革命委員会委員長は17日水曜夜、ツイッターにおいて、「我々はイギリスに対し、イエメン侵略に使われている武器という名のウイルスを、ペルシャ湾岸諸国に向けて送り込むことを止めるよう述べる」としました。

そして、「あなた方は、新型コロナウイルスより多くの死をもたらすこれらのウイルス(=兵器)を止めるべきである。なぜならそれらはイエメンの人々を殺害し、侵略を行う国々が連合したテロリスト軍にとっての最先端の軍事装備となるからだ」と続けました。

英ガーディアン紙は、アメリカと一部の諸国がサウジアラビアへの武器売却を停止したにも拘らず、イギリスが依然として同国への武器売却を続けていると報じました。

国連が今週、イエメンの人道危機について新たに警告し、同国で40万人の子どもが飢餓に瀕しているとしたにも拘らず、イギリスはサウジへの武器売却を押し進めています。

サウジアラビア主導アラブ連合軍は、2015年3月から複数のアラブ諸国が集まった連合という形で、米国の支援と暗黙の了解のもと、追放されたハーディ元イエメン大統領の復権を口実に、自身の政治的目的と野心を実現するため、アラブ圏最貧国のイエメンに対して大規模な攻撃を開始しました。この攻撃の結果として、イエメンではこれまでに数千人の人々が殺害されています。

特に新型コロナウイルス大流行の最中でのサウジアラビアの軍事侵略により、アラブ圏最貧国のイエメンは、食糧と医薬品の深刻な不足に直面しています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO