?>

イエメン、対アラブ連合軍事支援停止というアメリカの真剣さのほどは疑わしい」

イエメン、対アラブ連合軍事支援停止というアメリカの真剣さのほどは疑わしい」

イエメン救国政府・採光政治評議会のメンバーであるムハンマド・アリー・アルフーシ氏が、「アメリカがサウジアラビア主導アラブ連合軍への支援を本当に停止するつもりなら、同連合軍がイエメンの爆撃でアメリカ製の武器や戦闘機を使用することを停止させるべきだ」と語りました。

ABNA24 : アメリカ政府は8日火曜、声明の中で「アメリカは、サウジ主導アラブ連合軍への軍事作戦支援の停止命令を出しており、米軍は、戦闘の役割を果たさずに、連合軍への訓練や軍事顧問提供を継続する」と主張しています。

今年2月4日、バイデン米大統領は、イエメンとの戦争における米国の軍事支援の停止を命じたと発表しました。

ファールス通信によりますと、アルフーシ氏は「アメリカが本当に、対イエメン戦争でのアラブ連合軍への支援をやめるのかは疑わしい」とし、「アメリカの武器を販売するための条件の 1 つは、アメリカの許可がない限り、これらの武器を使用してはならないということだ」と述べています。

また、「アメリカの航空機やその他の兵器による爆撃が止まれば、アメリカの条件が実施されたことを我々は認知する」としました。

サウジアラビアは、米国、UAEアラブ首長国連邦および他のいくつかの国の支援を受けて、2015 年 3 月からイエメンへの軍事侵攻を開始し、同国を全面的に封鎖しています。

この戦争で、これまでに1万7,000 人以上のイエメン人が死亡、数万人が負傷したほか、数百万人のイエメン人が住む家を失っています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*