?>

アラブ連合のイエメン攻撃で、1日に5歳未満の子ども300人以上が死亡

アラブ連合のイエメン攻撃で、1日に5歳未満の子ども300人以上が死亡

イエメン保健副大臣が、サウジアラビア主導アラブ連合軍によるイエメン攻撃での受け入れ難い影響・結果について語り、「戦闘・封鎖やその悲惨な影響により、1日あたり5歳未満の子ども300人以上が命を落としている」と強調しました。

ABNA24 : ファールス通信によりますと、Najib al-Qabati副大臣は、対イエメン戦争による悲劇的な結果について語り、「先天奇形新生児や未熟児の42%の命が、医療機器や設備がないために失われている」としました。

また、Ali Al-Dailamiイエメン人権相代理も、「対イエメン戦争は足掛け7年になろうとしているが、国連をはじめとした人道機関は、イエメン国民、特に子どもたちを支援するための責務を実行に移していない」と指摘しました。

そして、「イエメン国内で子どもたちが置かれている状況は非常に厳しいものだ。封鎖下にある子どもたちの人数は数百万人におよぶ」と説明しました。

サウジ主導アラブ連合軍による対イエメン戦争は、2015年3月26日に開始されました。この戦争の直接的・間接的な影響により、これまでに10万人以上のイエメン人が死亡しており、その主な犠牲者は子どもたちとなっています。

342/


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*