クルアーンの中で命じられている「断食」

  • ニュースコード : 759698
  • 出典 : ABNA
Brief

唯一神(アッラー)が、イスラーム教徒にラマダン月の断食を命じられたことを示すクルアーンの節は、
第2章 雌牛章(アル・バカラ)183~185節である。 

第183 節

يَا أَيُّهَا الَّذِينَ آَمَنُوا كُتِبَ عَلَيْكُمُ الصِّيَامُ كَمَا كُتِبَ عَلَى الَّذِينَ مِنْ قَبْلِكُمْ لَعَلَّكُمْ تَتَّقُونَ

信仰する者よ。汝らに断食が定められた。汝ら以前の者に定められたように。おそらく汝らは主を畏れるであろう」 (2:183)

 第184節

أَيَّامًا مَعْدُودَاتٍ فَمَنْ كَانَ مِنْكُمْ مَرِيضًا أَوْ عَلَى سَفَرٍ فَعِدَّةٌ مِنْ أَيَّامٍ أُخَرَ وَعَلَى الَّذِينَ يُطِيقُونَهُ فِدْيَةٌ طَعَامُ مِسْكِينٍ فَمَنْ تَطَوَّعَ خَيْرًا فَهُوَ خَيْرٌ لَهُ وَأَنْ تَصُومُوا خَيْرٌ لَكُمْ إِنْ كُنْتُمْ تَعْلَمُونَ

「断食は定められた日数である。だが汝らのうち、病人、または旅路にある者は、後の日に同じ日数を断食すればよい。それに耐え難い者の償いは、貧者へ食事を施すことである。すすんで善い行いを成すのは、己れのため最もよい。もし、汝らが、良くその精神を会得したならば、断食はさらに汝らのために良いであろう。」 (2:184)

 第185節

شَهْرُ رَمَضَانَ الَّذِي أُنْزِلَ فِيهِ الْقُرْآَنُ هُدًى لِلنَّاسِ وَبَيِّنَاتٍ مِنَ الْهُدَى وَالْفُرْقَانِ فَمَنْ شَهِدَ مِنْكُمُ الشَّهْرَ فَلْيَصُمْهُ وَمَنْ كَانَ مَرِيضًا أَوْ عَلَى سَفَرٍ فَعِدَّةٌ مِنْ أَيَّامٍ أُخَرَ يُرِيدُ اللَّهُ بِكُمُ الْيُسْرَ وَلَا يُرِيدُ بِكُمُ الْعُسْرَ وَلِتُكْمِلُوا الْعِدَّةَ وَلِتُكَبِّرُوا اللَّهَ عَلَى مَا هَدَاكُمْ وَلَعَلَّكُمْ تَشْكُرُونَ

ラマダンの月こそは、クルアーンが下された月である。人類の導きとして、また導きの明証の基準のために。それで汝らのうち、この月の価値を理解する者は、この月中断食しなければならぬ。病気にかかっている者、または旅路にある者は、後の日に、同じ日数を断食する。アッラーは汝らに易きを求め、難きを求めたまわぬ。これは汝らが定められた期間を全うして、導きに対し、アッラーを讃えるためである。おそらく汝らは感謝するであろう。」(2:185)


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO