シーア・イスナー・アシェリー派(以下、シーア)

シーア派(12イマーム派)における信仰の特徴

  • ニュースコード : 756675
  • 出典 : ABNA
Brief

シーアにおける宗教の「根(ウスール)」と「枝(フルー)」

 シーア・イスナー・アシェリー(以下、シーア)派の信仰の特徴

シーアにおける宗教の「根(ウスール)」と「枝(フルー)」は以下のとおりである

                     

信仰箇条(宗教の5つの根)

①タウヒード(全能の神アッラーの一致、唯一性)

②イダーラト(又はアドル神の正義)

③ナブウワト(預言者、預言者ムハンマドと神の他の預言者たちの意味)

④イマーマト(神の任命による預言者後の12イマームの指導者、後継者性)

⑤キヤーマト(審判、あるいは復活の日)

 

宗教的義務(宗教の10つの枝)

①サラート:義務の礼拝

②サウム:ラマダン月の断食

③フムス:年に一度、合法的支出を差し引いた一年間の純益の20%を与えること

④ザカート:困窮者を助けるための義務的な喜捨

⑤ハッジ:生きている間に1回はするメッカへの大巡礼

⑥ジハード:聖戦

⑦アムル ビルマアルウフ:善いことを勧め、広める

⑧ナヒー アニルムンカル:悪を禁じ、自他共に悪いことをしないようにする。

⑨タワッラー:聖預言者、彼の娘ファーティマと12人のイマームたち(a.s)、及び彼らを愛するもの、つまり「神の友」と共にあって彼らを愛すること。

⑩タバッラー:聖預言者、彼の娘ファーティマと12人のイマームたち(a.s)の敵、つまり「神の敵」から離れて彼らに敵対すること。

(以上のすべての崇拝行為をアッラーのお喜びのため、「かれ」にお近づきになる意向をもって行う。)

 

※12イマーム派について

 シーア派の多数派である12イマーム派は、その名のとおり初代イマーム・アリー(AS)から12代目ムハンマド・ムンタザル・ルマハディ(AJ)までの12人をイマーム(指導者、リーダー)とする派。

ヒジラ260年3月8日(西暦874年)に12代目イマーム マハディ(AJ)が人々の前から姿を消し、「グァイバトゥ‘ル・スグラー(小お隠れ)」と呼ばれる状態となったが、329年(西暦939年)までは12代目イマームの代理人が指名され続け、イマームはこの代理人を通じてシーアの人々の要望や質問に答えていた。しかし939年4代目代理人の死後、イマームの特別な代理というシステムは終わり「グァイバトゥ‘ル・クブラ(大お隠れ)」に入り、神によってイマームが姿を現すのを許される日まで、この状態が続くことになった。

12代目イマーム・マハディ(AJ)は世界が不正に満ち溢れる際に、同じくお隠れになっているキリスト教のマスィーフ(イエス・キリスト)と共に救世主として再臨することを12イマーム派の人々は信じている。

12イマーム派では874年から939年までを「グァイバトゥ‘ル・スグラー」(小グァイバ)、940年以降を「グァイバトゥ‘ル・クブラ」(大グァイバ)と呼ぶ。

 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام رهبر انقلاب به مسلمانان جهان به مناسبت حج 1441 / 2020
世紀の取引にNO