欧州法曹界200名が、イスラエルをボイコット

  • ニュースコード : 799347
  • 出典 : parstoday
Brief

BDS・イスラエルに対する国際的なボイコット運動に従い、ヨーロッパの法曹界の要人200名が、パレスチナ人の権利擁護を目的にシオニスト政権イスラエルに対しボイコットを行いました。

パレスチナ情報センターが19日月曜、発表したところによりますと、イスラエルに対する国際的なボイコット運動・BDSキャンペーンは声明を発表し、最近の活動としてヨーロッパの法曹界の要人200名によるイスラエルへのボイコットを指摘し、「このボイコット運動は、常にパレスチナ人の権利回復と、国際社会におけるイスラエルの孤立化やボイコットのために努力している」と表明しました。

このキャンペーンは、全世界の民間組織や非政府系組織、宗教団体などの支援を受けて拡大しています。

シオニスト政権に対して行使された制裁は、政治、文化、経済、スポーツの分野においてこの政権に対し大きな影響を及ぼしています。

シオニスト政権のアイェレット・シャクド法務大臣は、これ以前にイスラエルボイコット運動がもたらす影響について警告し、この運動の活動の拡大、そして資本の撤収がイスラエルに大きな打撃を与えていることを明らかにしています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018