ベルリンにイスラム教徒、キリスト教徒とユダヤ教徒の共通礼拝所を建設中

  • ニュースコード : 775045
  • 出典 : ABNA
ベルリンでシナゴーグ、教会とモスクのある礼拝所が建設中で、アブラハムの教えを追従する人々に歓迎されています。

ドイツにおいて、アブラハムの教えに倣うキリスト教、ユダヤ教徒イスラム教の代表者たちが共通礼拝所を建設中です。

 

13世紀からドイツで放置されていた教会がこのために採用されています。この建物の設計はこのような形になっています。入口はキリスト教徒、イスラム教徒とユダヤ教徒が共通になっていて一つのドアから建物に入ります。まず共通のロビーがあり、そこから続いて異なる3つの部分に分かれ、それぞれの宗教のための礼拝所となっています。

 

この共同礼拝所建設の考案は2010年から開始され、慈善者たちや信者たちの歓迎を受けています。

これまでに慈善者たちはこの共通礼拝所の建築のために百万ユーロを、宗教間の寛容と対話をもたらすことを目的として援助しています。

 

ハンブルグのシェイク カーディル、ラビ トゥーフィヤーとグレゴリー牧師はイスラム教、ユダヤ教、キリスト教のそれぞれのコミュニティの代表者としてこのの共通礼拝所の建設に係わっています。

 

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016