• “イマーム フサイン(AS)の聖廟ドームが見えた瞬間“のアルバイン巡礼者たち

    今年もまた、これまでの年に比べてさらに多い“アフルルバイト(AS)を愛する何百万ものシーア派の人々”が、徒歩でカルバラ入りしました。 これらの巡礼者たちは、彼らの愛しいマスターの聖廟を巡礼するために何キロもの道のりを歩いて来ました。イマーム フサイン(AS)の聖廟のドームが見えた瞬間の巡礼者たちをご覧ください。

    ادامه ...
  • ハートフォード市民の間に“72本のバラ配布”でイマームフサイン(AS)を助けた72人の殉教者を想い起させる

    シーア派組織“WHO IS HUSSAIN?(フサインとは誰か?)”が、彼らが続ける活動の線上で世界の人々にシーア派3代目イマーム フサイン(AS)を知ってもらおうと新たな革新的な方法、コネチカット州のハートフォード市 において72本のバラを市民たちに配布しました。この赤いバラの切り花は、殉教したイマーム フサイン(AS)の戦友の人数と同じ数が用意され配布されました。72名の市民たちには、この切り花と一緒に、イマーム フサイン(AS)に関する短いけれども実質的な内容が説明されたポストカードも贈られました。

    ادامه ...
  • 第22回報道機関フェア

    報道機関フェア7日目 ABNAの展示場(ブース)

    ABNAことアフルルバイト ニュース エージェンシーは、例年同様報道機関フェアに参加しています。ABNAファンはモサッラー イェ イマーム ホメイニ(ره)のメイン回廊、メフラーブ(祭壇)前 “宗教と思想”部門の展示場NO.289でシーア世界の賓客となることができます。

    ادامه ...
  • アルバイン関連ニュース

    イラクにて アフルルバイト(AS)世界協会の宣教師会議

    サファル(イスラム暦2月)最後の10日間の前夜、イラクにおいてアフルルバイト(AS)世界協会の宣教師会議が開かれました。この会議は木曜日にイラク アフルルバイト(AS)世界協会において開かれ、アフルルバイト(AS)世界協会より80人の宣教師たちが参加しました。 イラクにおける最高指導者の代表者の‘アーヤトッラー セイエド モジュタバー ホセイニー’師、アフルルバイト(AS)世界協会のメンバーでフッジャトゥル イスラームの“フアード メクダーディー”師、そしてイラク アフルルバイト(AS)世界協会の代表取締役社長でフッジャトゥル イスラームの“パフレヴァーン ザーデ ベフバハーニー”師などの講師による講話が行われました。 またこの1日の会議の最後には、協会によって作成されたパンフレット、ソフトウエア、バナー、そしてイマームフサイン(AS)殉教40日目のアルバインに際しての説明書など「アルバインの巡礼者たち」に分配するため、カルバラに向かってその他の都市から出発するイラクの各都市に宣教師が配置されました。

    ادامه ...
  • 2016年 初の巡礼者たち ナジャフからカルバラへの“アルバインの大行進”

    アルバインまでには2週間ほど残っていますが、歩行によってイマーム フサイン(AS)の聖廟を巡礼することを熱望する巡礼者たちの行進が始まりました。 以下の画像は、今月3日にABNAのカメラマンが撮影したイラクのナジャフからカルバラに向かう今年のアルバインの大行進の最初の巡礼者たちです。 アルバイン:イマーム フサイン(AS)殉教の命日から40日目に行われる追悼儀式

    ادامه ...
  • 画像/

    ハラム アスカリイーン(AS)のための新廟 一般公開最終日の様子

    イラン 聖地コムにて

    イマーミーン アスカリイーン(AS)の新廟の完成に伴い聖廟制作所の扉が開かれ、10日間の期限で一般公開されました。 新しい聖廟は、設置のため2か月後イラクに移送されます。 この聖廟の一般公開最終日の様子をご覧ください。 ハラム アスカリイーン:イラクのサーマッラ―にあるシーア派イマームの聖廟で、ここにはシーア派の2人のイマーム“10代目イマーム ハーディー(AS)”と、その息子“11代目イマーム ハサン アスカリー(AS)”が葬られている。 撮影:ハミード アーベディー

    ادامه ...
  • 故アーヤトッラー ブルージェルディ師宅にて

    イマーム サッジャード(AS)の殉教追悼集会

    シーア派4代目イマーム、イマームザイノルアービディーン(AS)の殉教の追悼集会が、アーヤトッラー アラヴィ師参加のもと、故アーヤトッラー ブルージェルディ師の自宅で行われました。 撮影:セイエド モルテザー ホセイニー

    ادامه ...
  • シーア派組織“WHO IS HUSSAIN?” ケンタッキー州で150人の生活困窮者に食事提供

    この催しはムハッラム月に、シーア派ボランティア組織“WHO IS HUSSAIN?”のメンバーによってアメリカのケンタッキー州で、この町の生活困窮者150に対して行われました。  このシーア派組織の若いメンバーたちは、この州の都市“ルイビル”で150人の生活困窮者に対し完全な食事1回分を準備し提供しました。メンバーらはこの人道的な活動の傍らで、訪れた人々にイマーム フサイン(AS)についての紹介を行いました。

    ادامه ...
  • シーア組織“WHO IS HUSSAIN?“ロンドン市民への奉仕の取り組み

    シーア派組織“WHO IS HUSSAIN(AS)?(フサイン(AS)とは誰か?)”のメンバーが、ムハッラム月に因んでロンドンの街で人通りが最も多い通りの1つで、市民のために無料サービスを提供しています。 「イマーム フサイン(AS)の文化や道徳を広げる」という高い目的への長い道へりの一歩を踏み出しました。この組織の若いメンバーは、市民たちにイマームフサイン(AS)を知ってもらおうと、通行人たちに男性のヘアカットや、花のプレゼント、イマームフサイン(AS)についてのパンフレット、ペットボトル飲料水、果物や軽食の配布などといったサービスを提供しています。

    ادامه ...
  • アメリカの中心で道徳と追悼の劇

    “イマーム フサイン(AS)プロジェクト”という名のシーア組織がムハッラム月の期間中、アメリカミシガン州の様々な都市で、様々な年齢層のための、様々な注目に値する活動を行っています。

    ادامه ...
  • 米 ミズーリ州のイマーム フサイン(AS)殉教追悼集会

    アメリカのミズーリ州に住むシーア派の人々が、この州最大の都市セントルイスにあるイマーム フサイン(AS)研究所に集まり、イマーム フサイン(AS)のための追悼集会を行っています。このアフルルバイト(AS)の愛好家たちは、ムハッラム月到来前から準備を進め、この集会がより良いものになるよう努めました。

    ادامه ...
  • ハンブルク アーシュラーの絵画展

    イランの画家で芸術家のルーホ ル・アミーンさんが、カルバラの悲劇をテーマに描いた自分の作品の一部をハンブルクのイスラムセンターで展示しています。作品にはカルバラにおけるイマームフサイン(AS)の殉教、アリー アクバル(AS)の殉教、イマームのキャンプに張られたテントや、聖預言者の家の者たちが捕虜に捕えられた様子など悲劇の様々な場面が描かれています。この展示会は無料であることもあって、来場者らにこの上なく喜ばれています。

    ادامه ...
  • ミシガン州立大学にてキャンペーン「WHO IS HUSSAIN?」

    ミシガン州立大学で学ぶシーア派の若い学生と、シーア派ボランティア組織「WHO IS HUSSAIN?(フサインとは誰か?)」の有志達がムハッラム月の日々にキャンペーンを行っています。同じ大学の学生に、イマームフサインの人柄や、彼が不正な権力を前に立ち上がった目的について説明しています。

    ادامه ...
  • ムハッラム月の様子 ルカイヤ(SA)の聖廟

    シリアのダマスカスにあるルカイヤ(SA)の聖廟において、ムハッラム月にはシリアの国内外の広範囲から多くの巡礼者が訪れ追悼集会を行います。 ルカイヤ(SA)はイマーム フサイン(AS)の娘で、父の殉教後に幼くして殉教した。

    ادامه ...
  • 聖地カルバラ

    2つの聖廟の間で 子供たちの追悼

    イラクの聖地、悲劇の現地“カルバラ”では、イマーム フサイン(AS)と教友たちの殉教追悼集会が開かれており、子供たちもまた、この集会に参加しています。 イマーム フサイン(AS)とアッバース(AS)の2つの聖廟の間で胸を打ち、鎖で背を打ち大人たちと共に子供たちなりの方法で追悼を行います。

    ادامه ...
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016