• ムスリム受刑者に配慮を 栃木刑務所、日弁連が要望

    日弁連は17日までに、栃木刑務所(栃木県栃木市)が、イスラム教徒の女性受刑者から礼拝で使うスカーフを預かり保管したほか、ラマダン(断食月)中の食事などに配慮せず、憲法が保障する信教の自由を侵害した可能性があるとして、改善を求める要望書を同刑務所と法務省に提出した。

    ادامه ...
  • JICA東京国際センターで外国人研修員にハラル&アレルギーカードの提供を開始

    独立行政法人国際協力機構(以下「JICA」)東京国際センター(渋谷区)とエクスポート・ジャパン株式会社が、世界各国から訪れる外国人研修員が日本での食事で感じる不便を軽減する為、アレルギーや宗教上の問題で食べることが出来ない食材などを表示したハラル&アレルギーカードを配布する取組みを開始しました。

    ادامه ...
  • 三田の食品製造会社、「ハラル」和総菜の生産本格稼働

    急増するイスラム教徒(ムスリム)の訪日観光客向けに、イスラムの教えで許される規範に適合した「ハラル」のサービス提供が求められるなか、三田市の食品製造会社「日乃本食産」が神戸市北区に工場を新設し、ハラル対応「和総菜」の生産を本格化させている。2020(平成32)年の東京五輪もにらんだ対応で、同社は「宗教・戒律の垣根を越え、多くの外国人観光客に日本料理を味わってほしい」としている。

    ادامه ...
  • 激増する訪日ムスリムで商機到来、

    「ハラール」成功のポイントは日本人客確保という逆説的真実

    大手焼肉チェーンの『牛角』が、4月17日に赤坂店をオープンさせた。同店は都市型店舗という形態と、ムスリム(イスラム教徒)対応メニューの販売で注目されている。近年イスラム圏からの訪日客は増加の一途。彼らを呼び込めばビジネスが広がると考える経営者は多いだろう。その成功のポイントの1つは「日本人客を確保せよ」という、意外なものだった。そして、我々は知らないうちにハラール食材を食べているという事実も。

    ادامه ...
  • 郵船ロジスティクス

    タイの物流企業初 レムチャバン倉庫でハラル認証を取得

    郵船ロジスティクス株式会社のタイ法人のYUSEN LOGISTICS (THAILAND) CO.,LTD.(社長:田中丞)は、タイのハラル認証機関であるCentral of Islamic Council of Thailand(CICOT)に申請していたハラル認証を4月8日に取得しました。タイ国内の倉庫での当認証の取得は、倉庫・物流企業で初めてになります。

    ادامه ...
  • 日本国内での取り扱い店が12店舗に増加!

    HANA TAJIMA FOR UNIQLO 2017 SPRING/SUMMER COLLECTION

    ムスリムにも日本人の女性にも人気

    HANA TAJIMA FOR UNIQLO 2017 SPRING/SUMMER COLLECTIONは現在、発売中です。今年の日本での取扱店舗は昨年の4店舗から12店舗にまで増えました。

    ادامه ...
  • ムスリムファッションに熱視線、ジェネレーションMが世界の有名ブランドを引きつける

    ムスリム(イスラム教徒)の人口増や生活水準の向上を背景に、アバヤやヒジャブなど、ムスリム女性のファッション市場が広がっている。国内外のアパレルブランドや繊維メーカーが参入し、富裕層への売り込みを強化。新感覚のファッションとして、ムスリム以外の需要も期待されている。(田村慶子)

    ادامه ...
  • 金襴でイスラムの礼拝マット 京都の織物会社、中東など販売へ

    イスラム教徒が礼拝に使うマットを、西陣織の金襴(きんらん)生地を手がける京都の織物会社が製作した。礼拝マットと金襴生地の織り幅が同じであることを生かし、袈裟で使われる古典的な柄をデザインに取り入れた。高級志向の強い中東や東南アジアの富裕層に売り込もうと、販路開拓に力を入れている。

    ادامه ...
  • 焼肉チェーンの「牛角」でムスリム対応メニュー

    レインズインターナショナルが運営する焼肉チェーンの「牛角」は、4月17日にグランドオープンした牛角赤坂店において、通常メニューに加え、イスラム教徒(ムスリム)対応メニューの販売を行っている。ムスリム対応メニューの販売は、訪日外国人の増加に伴うニーズの高まりが背景になる

    ادامه ...
  • ハラル認証機関のNPO法人日本アジアハラール協会

    世界20カ国の認証機関と相互認証(マレーシアJAKIM含む)発表セミナー

    +日本製ハラル商品販売でマイアウトレット(シンガポール社)と提携同時発表会

    ハラルビジネスマーケティング支援の一般社団法人ハラル・ジャパン協会(本部事務局:東京都豊島区 代表:佐久間朋宏)が このたび日本で140社以上のハラル認証実績がある大手ハラル認証機関のNPO法人日本アジアハラール協会(本社:千葉市中央区 代表:理事長 サイードアクター)と協力してセミナー&記者発表会を4月13日(木)東京有明東京ビッグサイト 東1・2ホールで開催しました。

    ادامه ...
  • 16億人のムスリムに美味しい日本食を

    たこ焼き、お寿司、串カツ、ラーメン。外国人に人気の日本食が一挙に食べられるのが、佐野氏が経営する「日本食レストラン 祭」 メニューはすべてムスリム対応しており、礼拝室も備えている。オープン以来約9ヵ月、海外在住のムスリム向けに発信されている日本の情報サイトやSNSにより、来店客数は月間約1500人まで増えた。

    ادامه ...
  • ハラル認証食品の輸出増加へ

    徳島県は、イスラム教徒が食べられるハラル認証を受けた食品を作る県内の企業が増えていることから、今後中東向けに食品を売り込み、輸出の増加につなげたいとしています。

    ادامه ...
  • 産官学の連携によるインバウンド施策!ムスリム観光客向け江の島モデルコースを作成

    小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:山木 利満)では、慶應義塾大学、神奈川県、藤沢市、公益社団法人藤沢市観光協会の協力のもと、イスラーム教徒(以下「ムスリム」)観光客向けに江の島観光のモデルコースを制作し、2017年3月31日(金)から、パンフレットおよび外国語WEBサイトなどでご紹介します。

    ادامه ...
  • ハラルフード

    県内初の専門店 イスラム教徒ら向け、佐賀市に開店1年余 モハマド・リフキさん、自らの苦労踏まえ 

    食の悩み頼られる存在に 地元の人たちも優しく見守り協力

    宗教上、口にすることを禁じられている食べ物があるイスラム教徒らに向け、専門機関が食べても問題ないと認証した「ハラルフード」(ハラルはアラビア語で「許された」の意)を売る県内初の専門店が佐賀市本庄町本庄にある。店の名は「佐賀ハラルフード」。自身も日本での食べ物に苦労した経験を持つモハマド・リフキさん(34)が店を開いて1年余り。今では県内の教徒たちから頼られる存在となっている。【池田美欧】

    ادامه ...
  • ムスリム観光客も安心 ハラル食堂(福島県いわき市)

    イスラム教の戒律を守った「ハラル料理」を提供する東北初の食堂。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の影響でいわき市では観光客が減少しており、地域の活性化を図ろうと、常磐病院などを運営するときわ会グループがオープンした。安心して外国人観光客に食事をしてもらい、日本で生活する外国人の支援にもつなげたいという。

    ادامه ...
  • ムスリムフレンドリー対応をすれば「未来の世界人口の1/4」を今から掴める!

    ムスリムの人々が旅行先として日本に注目している。それも東京のような都会ではなく地方訪問を望んでいるという。宿泊施設が不足している都市部の状況を考えれば好ましいことだが、ここでボトルネックになっているのがムスリムの食事や生活習慣への配慮だ。JTBグローバルマーケティング&トラベルのポカレルマデュー氏は、まずは実践できるムスリムフレンドリー対応に着手することを推奨する。ポテンシャルの高いムスリムマーケットと、地方を対象とした誘客のポイントを解説する。 執筆:吉田育代

    ادامه ...
  • イスラム教徒の日常発信 神戸・元町映画館で企画

    映画からイスラム教の国々や人々の文化を伝える「イスラーム映画祭2」が25日から、神戸市中央区元町通4の元町映画館で開かれる。関西では初めての開催で、主宰する藤本高之さん(44)=東京都=は「映画を通して旅するように、その国の文化や習慣を疑似体験してほしい」と呼び掛ける。31日まで。

    ادامه ...
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016