• kawaii ヒジャブのファッションショー初開催 東京・浅草

    日本独自の“カワイイ”ファッションをイスラム教徒の女性たちに楽しんでもらおうと、髪や肌の露出を避けるために巻く「ヒジャブ」と呼ばれるスカーフを独自にデザインしたファッションショーが21日、東京・浅草で開かれました。

    ادامه ...
  • 奈良に初の外国人避難所

    イスラム礼拝室、「ハラル」対応非常食も

     奈良市の奈良公園近くにある奈良県直営の外国人向け観光案内施設「奈良県猿沢イン」について、県と市は21日、災害時に外国人専用の避難所として利用するための協定の締結式を開く。県によると、外国人に特化した避難所は全国初。250人規模の受け入れを目指す。

    ادامه ...
  • 山梨

    いらっしゃい ムスリム専用 シャリアホテル富士山 

    ムスリム専用の「シャリアホテル富士山」=富士河口湖町船津

    宗教の戒律に配慮  富士急行線河口湖駅から徒歩約20分。富士山を望む場所にある日本初のムスリム(イスラム教徒)専用ホテルだ。河口湖で観光業を営んで47年の山下茂さん(74)が2016年7月21日にオープンさせた。

    ادامه ...
  • 日本

    若いイスラム教徒の旅行先3位に 進む受け入れ態勢の整備

    ミレニアル世代のムスリムがよく訪れる旅行先として、日本は世界で3番目となった。これはマスターカードと旅行サイトアプリのハラルトリップの共同調査によるもので、1位と2位には、ムスリムが多数を占めるマレーシアとインドネシアが名を連ねる。両国に続いて非イスラム圏の日本がランク入りしたことは驚きだ。  若いムスリム旅行者たちの経済効果は2025年までに11兆円を超えるという試算もあり、観光業界を中心に対応の動きが広がっている。

    ادامه ...
  • <いのちの電話>「この叫び聞いて」相談内容は深刻化

     自殺予防のために悩みを聞く全国の「いのちの電話」に相談が殺到し、対応が追いつかない状況が続いている。神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件では、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で自殺願望を漏らした女性たちが巻き込まれた。追い詰められた人々のケアの現状はどうなっているのか。【和田浩幸】

    ادامه ...
  • 藍染め

    藍LOVEムスリム 徳島県、女性用スカーフ製作計画

    藍染めで全国的に有名な徳島県が海外に魅力を発信するため、関連のファッション商品としてイスラム教徒(ムスリム)向けの女性用スカーフ「ヒジャブ」などの開発に取り組んでいる。県もうかるブランド推進課の大久保淳志さん(29)は「ムスリムを入り口として、世界に藍染めの魅力を広めたい」と意気込む。

    ادامه ...
  • 河野外相 イラン外相 核合意の履行に向け連携で一致

    アメリカのトランプ大統領が、イランと欧米などが結んだ核合意を「認めない」とする方針を示す中、河野外務大臣は16日夜、イランのザリーフ外相と電話で会談し、引き続き核合意を支持し、履行に向けた支援を進める考えを伝えました。

    ادامه ...
  • ハラール食材でラーメン作り楽しんで 京都に新施設、祈祷室も

    日本を訪れる外国人観光客に人気のラーメンを、自分で作って楽しめる体験施設「ラーメンファクトリー」が14日、京都市東山区の東福寺近くにオープン。材料となる食材はイスラム教徒のハラール食に対応したものを使い、お祈りを行う祈祷室も併設した。イスラム教徒の学生たちを招いたプレオープンの催しが開かれ、参加者は初体験のラーメン作りを楽しんだ。

    ادامه ...
  • 長崎市長、核合意の重要性を強調

    日本・長崎市の田上富久市長が、イランの核合意の重要性を強調し、国際社会はこの国際的な合意を守り、国際的な問題の解決におけるそのよい経験を利用すべきだとしました。

    ادامه ...
  • ムスリムも楽しめる、銀座のオススメ観光スポット(2)

    東京都内の一番エレガントなエリア、銀座 東京都内には色々なエリアがあり、各エリアで雰囲気が異なっています。その中でもエレガントで高級なエリアとして知られているのが、銀座です。今回は、銀座中央エリアのオススメ観光スポットをご紹介します。

    ادامه ...
  • アピが「ハラール」認証取得 県内企業で初

    健康食品・医薬品製造のアピ(岐阜市加納桜田町)のネクストステージ工場(揖斐郡揖斐川町市場)が、イスラム教の戒律に従った原料のみを使用した製品であることを証明する「ハラール」の国際認証を取得した。同社によると、県内企業の国際認証取得は初めてという。

    ادامه ...
  • 山口大

    生協に「ハラル」メニュー ムスリム学生要望受け

    山口大(岡正朗学長)は、イスラム教徒(ムスリム)の学生が安心して食べられる「ハラル」認証を受けたメニューの提供を、10月2日から県内3キャンパスの大学生協で始める。1日5回お祈りをするムスリムのため、礼拝用の部屋も大学の国際交流会館に用意し、留学生らが快適に学べる環境を整備する。【坂野日向子】

    ادامه ...
  • ムスリムも楽しめる、銀座のオススメ観光スポット

    東京都内の一番エレガントなエリア、銀座 東京都内には色々なエリアがあり、各エリアで雰囲気が異なっています。その中でもエレガントで高級なエリアとして知られているのが、銀座です。今回は、銀座中央エリアのオススメ観光スポットをご紹介します。

    ادامه ...
  • 訪日販促と地方創生の交差点

    まずは「知る」ことから 急増する訪日ムスリム プロモーションから考える対応策

    訪日外国人の急増に伴い、ムスリム旅行者も増加しつつある現在。ふだんはなかなか馴染みがなく、「ハラール」の理解も必要なムスリム旅行者の迎え方については難儀する店舗も少なくない。具体的にどんな対応策が必要なのか。

    ادامه ...
  • インバウンド最前線

    訪日ムスリムのお土産にカレーいかが 

    健康志向が売り 宮城県の食品メーカー、ハラルも取得

    レトルト食品を製造・販売するにしき食品(宮城県岩沼市)はイスラム教の戒律に沿った「ハラル認証」を得たレトルトカレーの販売に乗り出す。マレーシア企業と食材調達や生産で協力する。うま味調味料・香料・着色料を使わない健康志向を売り物に、主にムスリム(イスラム教徒)の訪日客に対し、日本旅行中の土産や食事として売り込む。

    ادامه ...
  • 徳島県

    阿波藍を世界へ ムスリマ(イスラム教徒女性)向けファッション開発

    阿波藍を世界に発信しようと、イスラム教徒(ムスリム)の女性向けの藍染ファッションを開発するプロジェクトが進められている。徳島市内の藍染工房2社とインドネシア出身のデザイナーらが共同で、ムスリムの女性が頭を覆う「ヒジャブ」の藍染作品の制作に着手しており、来年2月に米ニューヨークで開かれるファッションショーへの出展を目指している。

    ادامه ...
  • 訪日ムスリムの「食事」選び 同胞の口コミが最も安心

    飲食店などの集客支援を手掛けるROI(アールオーアイ、東京・新宿、恵島良太郎社長)の口コミアプリ「ハラルナビ」は、イスラム教徒(ムスリム)が安心して飲食店を選ぶためのツールだ。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、日本を訪れるムスリムは一段と増えることが予想される。同社は厳しい戒律から「食の安心」に気を使うムスリムの生の声を集め、飲食店のメニュー開発や海外進出の支援ビジネスにつなげる考えだ。

    ادامه ...
Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016