イラン在住の日本人とアル・ムスタファ(SAW)大学の日本人学生が、アフルルバイト(AS)世界協会会長を訪問

  • ニュースコード : 786093
  • 出典 : ABNA
イラン在住日本人の家族で構成されているサフラン会のメンバーと、アルムスタファ(ص)大学の日本人学生がアフルルバイト(AS)世界協会の会長“フッジャトゥル・イスラーム モハンマド・ハサン アクタリー氏”と会合し語り合いました。 この会合は相互協力を主題として開かれ、インターナショナル アシスタントの“フッジャトゥル・イスラーム サーラール氏”、協会の女性子供部門部長“ロキン アーバーディー夫人と“アル・ムスタファ(SAW)大学の元メンバーで日本で代表を行っていた”モハンマド・アリー モタワッリヤーン氏”もまた、参加しました。 会合の終わりには、シェイク イブラーヒーム澤田教授による日本語訳のクルアーンが、参加者たちに贈り物として配られました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016