パレスチナ人支援協会、イスラエルの犯罪と国際社会の沈黙を批判

  • ニュースコード : 782271
  • 出典 : parstoday
パレスチナ人支援協会が、パレスチナの抑圧された人々に対するシオニスト政権イスラエルの犯罪の継続と、この問題に対する国際社会の沈黙を批判しました。

イルナー通信によりますと、パレスチナ支援協会は、28日水曜、パレスチナ人児童連帯デーに際して声明を発表し、国際社会に対し、シオニストの犯罪に沈黙しないよう求めました。

2000年9月30日、ガザ地区で、12歳のパレスチナ人少年がシオニスト政権軍の銃撃を受け、殉教しました。

この後にも、多くのパレスチナ人児童が殉教しました。

ある男児は、シオニストによって口の中にガソリンを注がれ、焼死しました。

また、家に火をつけられ、両親と共に殉教した乳児もいます。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018