宗教指導者が集結・対話 法王や天台座主ら平和呼びかけ

  • ニュースコード : 780424
  • 出典 : 朝日新聞社
Brief

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は20日、イタリア中部アッシジの聖フランチェスコ聖堂で開かれた世界の諸宗教指導者らによる対話集会に出席した。「無関心という異教」が世に蔓延(まんえん)しているとして、戦争や貧困に苦しむ人々に目を向けない世の中を放置してはならないと呼びかけた。

法王は「神は我々の時代の大きな病気に立ち向かうよう呼びかけている。『無関心』だ」と語った。また、「私たちは武器を持っていないが、祈りの強さを信じる」と述べ、「(宗教的な)違いは、紛争や挑発、冷たい隔たりの原因にはならない」と強調した。

 集会は、先々代の故ヨハネ・パウロ2世が1986年にアッシジで「世界平和祈願の日」を開催。30周年の今回は、18日から3日間で仏教、イスラム教、ユダヤ教などの宗教関係者ら500人以上が参加した。シリアからの難民も出席し、自らの経験を報告した。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016