みいつの夜(ライラト・ル・カドル)とは。

  • ニュースコード : 762177
  • 出典 : ABNA
Brief

みいつの夜は神から人類への贈り物です。なぜならば、一晩でおよそ80年、人の一生と同じ価値がある貴重な夜であるためです。

みいつの夜は神から人類への贈り物です。なぜならば、一晩でおよそ80年、人の一生と同じ価値がある貴重な夜であるためです。
1晩で1000月、1000÷12=83.33333
83年以上の価値があります。神は各人にこの夜、この先一年の運命を定めます。


預言者ムハンマド(かれの上に平安あれ)が、天使ジブリール(ガブリエル)を通じてアッラーからの啓示を最初にうけた夜をクルアーンでは 「みいつの夜」(ライラト・ル・カドル)としています。



クルアーンではこの夜について、次のように解かれています。
 

クルアーン第97章 みいつ章(アル・カドル)

慈悲あまねく慈愛深きアッラーの御名において。
1. 本当にわれは,みいつの夜に,この(クルアーン)を下した。
2. みいつの夜が何であるかを,あなたに理解させるものは何か。
3. みいつの夜は,千月よりも優る。
4. (その夜)天使たちと聖霊は,主の許しのもとに,凡ての神命を齎して下る。
5. 暁の明けるまで,(それは)平安である。



ただ、みいつの夜がいつであるのかは、明らかにされていません。預言者の伝承(ハディース)によれば、ラマダーン月の終盤の10日間のうちの奇数日の一日であると されています。ムスリムはラマダン月の19,21,23,25,27と29日の前夜に礼拝と善行を行い、みいつの夜の徳を確実に獲得すべきだとされています。
ラマダンは「みいつの夜」でなくても多くの徳があるため、信者たちが少しでも多く崇拝行為を行うよう、敢えて秘められているとも考えられます。
聖預言者の伝承(ハディース)によれば、これらの夜は、その多くの時間を崇拝行為(礼拝、クルアーン読誦、祈り(ドゥアー)、罪の許しを請うことなど)に費やすことが勧められています。
※シーアにおいては、みいつの夜はラマダーン月の19,21,23日の説が有力であるとされています。


309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018