アルバインの行進とその影響

  • ニュースコード : 865984
  • 出典 : Parstoday
Brief

現在、世界各地から、何百万人という人々が、イラクのナジャフからカルバラまでのおよそ80キロのアルバインの行進に参加し、世界の人々を驚かせています。これは、シーア派3代目イマーム フサイン(AS)への敬愛を示しています。

イマーム フサイン(AS)を敬愛する人々は、イスラム教徒やシーア派教徒だけではありません。世界の自由を求める人々、人道や美徳を愛するほかの宗教の信者たち、世界中の人々が、この国際的な集会に参加しています。イマーム フサイン(AS)の殉教から40日目のアルバインの日に際し、アルバインの行進の個人的、社会的な影響について見ていくことにいたしましょう。

この数年、アルバインの行進は、イマームホサインイマーム フサイン(AS)を愛する人々の会合の場所になっており、その中でさまざまな国の人々が、一つの経験の中で、イマーム フサイン(AS)の道を追体験します。イマーム フサイン(AS)のアルバインの中で、神は、政治的、社会的、文化的な交流のための最高の生活モデルを手にできるような機会を与えています。実際、アルバインの行進は、すべての参加者にとって重要な体験学習であり、非常に大きな効果をもたらすものです。

 宗教は、常にあらゆる側面において、現在の喧騒に溢れた世界にアイデンティティと意味を与えています。近代化のプロセスにより、宗教は消えたという一部の考え方に反し、宗教は、キリスト教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、ヒンズー教徒など、世界の多くの人にとって、意味とアイデンティティを与える基礎となるものです。

現在、多くの思想家は、宗教の教えによって、人々を政治的に集めることができ、社会の人々の団結において非常に重要な要素になると考えています。そのことは、アルバインの行進に明白にあらわれています。

 アルバインの行進では、純粋なイスラムの姿が世界に示され、イスラムの真理とその真の信者たちの美しい姿が映し出されます。世界の人々は、この、精神性に溢れた美しく壮大な出来事を目にし、カルバラでのイマーム フサイン(AS)の蜂起について知りたいと考えます。これは、世界中にイスラムの真理を輝かせるための機会を整えるものであり、タクフィール主義などのアメリカが示すイスラムを消滅させることになるのです。

アルバインの行進の中では、人々の宗教的な信仰心が強化されます。人々が、家族とともに、この壮大な行進に参加しようとする最大の理由は、自分と家族の中の宗教的な信仰心を定着させることにあります。若者たちの宗教への信仰心が薄れている現在、アルバインの行進は、人々に宗教的なアイデンティティを与えます。これは貴重な成果です。シーア派の聖職者、パナーヒヤーン師は次のように語っています。 

「あなた方はアルバインの行進の中で、シーア派のアイデンティティの実感と覇権主義の排除における大きな社会的財産を目にすることができる。アルバインは、シーア派としてのアイデンティティを理解するための象徴である。アルバインほど、シーア派であることや宗教への信仰を人間に自覚させるものは存在しない。それは、あなた方が、メッカ巡礼に行くまで、イスラム教徒であることを本当に実感し、経験することができないのと同じである。この大きな集会で、人々は追悼儀式のためにやって来たのだが、その表情には悲しみや孤独感がない。彼らは、どこからやって来ていようと、そこが彼らのアイデンティティを結びつける場所だということを感じている」

個人的な側面からも、アルバインの行進は、魂を浄化するための機会だと言えます。人間が、日々の喧騒から離れ、イマーム フサイン(AS)の聖廟を巡礼する目的で、この大きな集まりの中に立つとき、おのずと心が軽くなります。これは、心から罪が取り払われたことのしるしのひとつです。

 このプロセスの中で、道徳や行動の面で大きく成長し、他人との付き合いが上達する人が数多くいます。実際、ここで起こることは、驚くべき成長であり、人間は、一生において手に入れようとする事柄を、3日間の旅の中で手に入れることができます。

イマーム フサイン(AS)の殉教から40日目のアルバインに際し、「アルバインの行進とその影響」について説明します。

 アルバインの旅の教育的な側面は、イマーム フサイン(AS)の巡礼者が、この間に、類まれなる新たな生活様式を経験することです。この時期、すべての事柄は、イマーム フサイン(AS)を中心に形作られます。すべての人の動機はイマーム フサイン(AS)であり、巡礼者たちは、イマームを中心に、互いへの寛容な心、親切、愛情、自己犠牲に至ります。このような生活様式は、世界のどの場所でも見られることはありません。

イマーム フサイン(AS)の巡礼者が、アルバインの行進の中で、数日間をともに過ごし、ともに旅をし、ともにテントの中で眠るとき、クルアーン(コーラン)の節の内容「まことに敬虔な人々は互いに兄弟である」を実際に感じることができます。

 預言者ムハンマド(SAW)の時代、彼の教友たちは、兄弟の契約を交わすほどに強い結びつきを持っており、何も食べるものがないときには、他の人に分けてあげるために、ナツメヤシ一つ食べることすら我慢していました。アルバインの行進では、イマーム フサイン(AS)を敬愛する他の人々との共感や協力を、心の内側から感じることができます。

 アルバインの行進に参加したことのある人は、このように話しています。

「長い距離を歩いた後、疲れて休もうとしたら、知らない人が近づいてきて、私の前に立った。私はその人の邪魔にならないように少しよけてみた。するとその人はさらに私に近づいてきて私の前に立った。私は驚いて、なぜその人がそのようなことをするのか、理由を尋ねてみた。しかし、彼の答えに私は心から恥ずかしくなった。彼はこう言ったのだ。『あなたに太陽の日差しが当たってまぶしい思いをしないようにと思ったのです』」

イランの心理学者、アスガリー・ネカーフ博士は次のように語っています。

 「アルバインの行進に参加する人々は、自己犠牲やもてなし、巡礼者への奉仕、預言者一門への敬愛といった行動を実際に目にする。このような好ましい行動を知り、それを実際に経験することにより、これらの特徴を身につけることができる。この他、この行進の心理学的な影響のひとつは、周囲の人々との相互理解に至り、仲間と助け合うことだ。計画を立て、困難を受け入れることにより、アルバインの行進に参加するための集団を形成する人々は、理想的な目的を達成するために仲間と協力する方法を訓練する。この技術を学ぶことは、非常に価値がある」

 この他のアルバインの魅力は、この行進が非常に秩序だっていることです。規律が破られることはなく、集団は整然と、明確な目的に向かって進みます。道の途中では、人々は互いに優しく、秩序を乱すような動きは見られません。ただ、清らかさがあるのみです。

社会的な観点からは、連帯、結びつき、協力、認識が、この動きによって得られる成果です。人間の気高い何百もの特徴や美徳は、人間を理想へとみちびく状況の形成を示しています。特に、そこには平和と安全のメッセージがあります。

 実際、アルバインの行進は、西洋の人文科学の見解に根本的な疑問を呈し、物質主義に埋もれ、精神性から遠ざかった人類に、美徳に帰るよう呼びかけています。とはいえ、この壮大な動きは、物質的な利益や損害に基づいて分析するような、理性的な考えを基盤としたものではありません。また、目的のない、感情的なものでもありません。そうではなく、人間の理性と愛情の頂点、心理や神を求める本能的な叫びに応じるための、世界的な運動です。

近年のアルバインの行進は、宗教に留まり、人類が平和と公正に基づいた別の形の世界を経験し、預言者たちの至高なる教えを守ることができるようになる可能性を生み出しています。人間の前に精神的な空が開かれ、世俗主義の歴史が廃れ、神が人間の生活の中心に見られるようになります。これこそが、アルバインの行進の中で、人々が実感するものなのです。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016