聖預言者ムハンマド(SAW)の衣服に関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の衣服に関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の衣服に関するスンナ(言行)です。

 

  1. 彼が身に着けておられた服の殆どは白いものであった。そしてこのように仰いました「生きている者は白い服を纏いなさい、そして死者もそれ(白い布)で覆いなさい。」
  2. 綿や麻で出来た服があればそれを身に着けられ、このように仰いました。「あなた方にとって最高の衣服は綿のものである。」
  3. 彼は必要に迫られた場合を除き、ウール素材の衣服を着ることはあられませんでした。
  4. 彼は服を右側から着られ、左側から脱がれました。
  5. 彼はまず上着を着てからズボンを履かれました。
  6. 彼はゆったりとした衣服で礼拝を行い、女性がその夫のために着る場合を除きキツイ服の着用を禁止されました。
  7. 彼が身に着けていた服は、彼の足首にまで及ぶ長さがありました。
  8. 彼のターバンのサイズは彼の頭を3周または5周する長さがあり、彼それを頭に巻かれました。
  9. 彼は、汗取りのための布を頭にかけておられました。時にはターバンの下に時にはそれを外してショールのようにターバンなしで使われ、額に巻くこともあられました。
  10. 新しい服を着るときはいつでも彼は以前着ていた自分の服を貧者に与え、このように仰いました「神の為に自分の服を貧者に与える者は誰でも、その貧者がその服を着用する限り神のご加護ものとにある。」(昔の衣服は丈夫なしっかりとした質のものであったため、人々はしばらく着用したのちバーザールに売りに行き、新たなものを購入するのが普通であった。しかし聖預言者の場合は売るのではなく貧者に与えるのが常でした。)
  11. 以下の3つを除いて、彼は黒いものを着用することを嫌っておられました。それはターバン、靴、外套である。(女性が着るアバーヤ、チャードル、ヒジャーブと同様に男性の外套が黒であることを嫌ってはおられませんでした。)
  12. 彼は、赤い色の服を嫌っておられました。(新婚の新婦が新郎のために着るのは問題がないという伝承がある)
  13. 彼は自宅では黄色い服を着られることが多かった(シーア派5代目イマーム バーキル(AS)はこのように仰いました「私たちアフルルバイトは配偶者のため、家では黄色い服を身に着ける。」)
  14. 彼は、決してシルクの服を着用されることはなくこのように仰いました「絹の服は楽園における男性の服である」
  15. 彼は、用意された各種の服を身に付けられ、緑色を好まれました。

 

 

 

/309

 

 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016