バーレーンで現政権に反対する抗議運動

バーレーンで現政権に反対する抗議運動

バーレーンで人々が抗議運動を行い、政権の敵対行為と、4人の若者に対する政権の犯罪行為を非難しました

バーレーンのハリーファ政権の関係者は、最近、4人の若者を殺害し、その犯罪行為を隠蔽するため、彼らの遺体をペルシャ湾に投げ捨てました。

3人の遺体はイラン南部ブーシェフル州の沿岸に漂着し、23日金曜、テヘラン南方の聖地コムで彼らの葬儀が行われました。

バーレーンのメディア、マナーマの声によりますと、バーレーンの人々は24日土曜夜、この4人の若者に対するハリーファ政権の犯罪行為を非難すると共に、バーレーンの著名な聖職者イーサー カーシム師との連帯を示すスローガンを叫び、その自宅軟禁を解除するよう求めました。

ハリーファ政権は、2016年6月からイーサー カーシム師の市民権を剥奪し、彼を自宅軟禁しています。

2011年2月14日から、バーレーンではハリーファ政権に反対する運動が行われています。

人々は自由、公正の確立、差別の撤廃、選挙による民主政権の樹立を求めていますが、ハリーファ政権は抗議者を弾圧しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016