聖預言者ムハンマド(SAW)の旅に関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の旅に関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の旅に関するスンナ(言行)です。

  1. 彼は、旅を意図して乗り物(ラクダなど)に乗る際、3度 اَللهُ اَکبر アッラーフ アクバル(神は偉大なり)と唱えました。そしてクルアーン第43章金の装飾章(アッ・ズフルフ)13,14節より

 

سُبْحانَ الَّذِي سَخَّرَ لَنَا هَذَا وَمَا كُنَّا لَهُ مُقْرِنِينَ (13) وَإِنَّا إِلَى رَبِّنَا لَمُنقَلِبُونَ (14)

「かれを讃えます。これらのものをわたしたちに服従させる御方。これはわたしたちには叶わなかったことです。本当にわたしたちは、主に必ず帰るのです。」と唱えられました。

それから「神よ!この旅を私と地にとって容易なものに、その道のり(遠距離)を近いものとしたまえ!」と仰いました。

  1. 彼は、旅に際して鏡・眉墨入れ・櫛・歯ブラシ・ハサミと水を飲むための器を持って行かれました。
  2. また、彼は自らの衣服と靴の修繕のために裁縫用の糸と針、靴用の針とつぎはぎ革を持参されました。
  3. 彼は旅に際して、普段より早足になられました。
  4. 彼は旅行中、高台から下る際には سُبحان اللَّه とスブハーナッラー(アッラーに称讃あれ!)、また高台に登る時には اللَّه اَكبر アッラーアクバル(神は偉大なり!)と唱えられました。
  5. 彼は旅行中に用を足したいと感じた際、人々からある程度離れ、彼らの目を隠れ用を足されました。
  6. 緊急な場合を除き、彼は旅行の出発日に“木曜日”を選ばれました。
  7. 彼は同伴者なしでの旅を禁じられました。
  8. 彼が旅に出発する前、最後に別れを告げる者は最愛の娘ファーティマ(S.A)であり、旅から戻るとまず最初に彼女の家に行かれました。
  9. 彼は旅か戻られると(ファーティマ(S.A)の家のあと)まずモスクに入り2ラカート*の礼拝を捧げてから自宅に戻られました。*ラカートとは、礼拝の単位のことである。
  10. 彼は旅行中、留まったどの家においても出発の際に2ラカートの礼拝を捧げられ、このように仰いました。「大地の一部であるこの場所が、最後の審判(復活)の日に私たちの礼拝の証言者となるのである」

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016