聖預言者ムハンマド(SAW)の眠りに関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の眠りに関するスンナ

聖預言者ムハンマド(SAW)の眠りに関するスンナ(言行)です。

 

  1. 彼は(ベッドではなく)床の上で眠られました。
  2. 大概、彼の枕カバーと詰め物はヤシの木の皮から作られたものであり、それに座られることもありました。
  3. 彼は時々、ござの上で眠られました。
  4. 彼は清潔なウドゥー(小沐浴)をした状態で眠られました。
  5. 彼は就寝前に、アーヤトゥ ル・クルスィー(玉座節:クルアーン第2章255節)を朗誦されました。
  6. 彼は就寝前にمُسَبّحات*を朗誦され『これらの章には1000節にも勝る1節がふくまれている』と仰いました。

*مُسَبّحاتとはクルアーン第57章(鉄章 )59章(集合章 )61章(戦列章 )62章(合同礼拝章 )64章(騙し合い章 )の5つの章である。

  1. 彼はクルアーン67章(大権章)と32章(アッ・サジダ章 )を朗誦することなしに眠ることはありませんでした。
  2. 彼は腰を床に顔を天に向けて眠られました。
  3. 恐ろしい夢を見た際には、彼はهُوَ اللَّهُ لا شَريكَ لَه (フワ ッラーフ ラー シャリーカ ラフ)と唱えられました。
  4. 彼は目を覚ますと必ず最初に神にサジダ(平伏)をされました。                                                           
  5. 彼は夜明け(ファジル)から日の出までの間に眠られたことはなく、その時間帯の眠りを禁じられました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018