聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑦

死の天使は去った

  • ニュースコード : 852587
  • 出典 : ABNA
Brief

人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

ある日、聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました

「私のウンマ(共同体)のある男のところへ、死の天使(魂を肉体から引き離す任務を負っている)がやってくる夢を見た。

死の天使は彼の魂を肉体から引き離そうとしていた。

しかし、その男の“両親に対する善き行い”が死の天使の行く手を阻んだ。」

 

両親への善(孝行、親切)は大変重要です。神は、クルアーンの中で何度もそれを強調して命じています。

両親への善には、多くの利益があります。

聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました

「幸いなるかな!自分の両親に善くある者は。

神は彼(彼女)の寿命を延ばしてくださる。」

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016