聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑥

なぜ、彼を罰されないのですか?

  • ニュースコード : 852400
  • 出典 : ABNA
Brief

人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

ある日、聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました

預言者イーサー(AS)(=イエス・キリスト)がある墓の横を通過した際、彼はその墓の主が罰されているのを見た。

次の年、再び彼はその墓の横を通りかかったが、もうその墓の主を罰してはいないのを見た。

 

イーサー(AS)は神にお尋ねしました

「主よ!私が去年この墓の横を通過した時、この墓の主が罰されているのを見ました。なぜ今年はかれを罰されないのですか?」

 

神はイーサー(AS)に仰いました

「彼には、大きくなった善良な息子がいる。彼の息子は、ある道りを繁栄させた。そして孤児を保護した。われも息子の善行ゆえにその父をゆるしたのだ。」

 

 

聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました

「善良な子女は楽園の花々の中の花である。善良な子供を持つことの利益のひとつはこうである。

神は、その子の善行ゆえに父親と母親にもまた、報酬をお届けになる。」

/309

 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016