聖預言者ムハンマド(SAW)が話されたお話⑤

”彼をゆるしなさい!“

  • ニュースコード : 846401
  • 出典 : ABNA
Brief

人間の最高のお手本である“聖預言者ムハンマド(SAW)”が人々に対して話された短いお話を紹介しましょう。

 

 

ある日、聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました

 

審判の日に、私のウンマ(共同体)から2人の男が神のもとに連れてこられる。

この2人の男のうちの一人が神に申し上げる

「神よ!この男(もう一人の男)は私の権利を侵しました。彼を捕えてください!」

神は、不当に扱われたこの男にこう仰る

「顔を上げよ。そして楽園を眺めよ。そこに何が見える?」

 

不当に扱われた男は顔を上げて楽園の恩恵を目にし、それに魅了され神に尋ね申し上げる。

「いったい誰が、これらの恩恵を手にすることが出来るのですか??」

 

神は仰る

「あなたである」

 

(私がこれほどの恩恵をいただけるとは、考えられない!と驚き)

男は尋ねて申し上げる

「どのようにして、そのようなことが・・・?」

 

神は仰る

「もし、あなたがこの信仰上の兄弟をゆるすのであれば、楽園のこれらの恩恵はあなたのものとなる」

 

不当に扱われた男は、申し上げる

「私は彼をゆるします」

 

神もこう仰る

「それでは、あなたの兄弟の手を取り、ともに楽園に入りなさい。」

 

 

 

 

聖預言者ムハンマド(SAW)は仰いました。

 

「神は大変に寛容であり、ゆるしと寛容を好まれる。」

そして、聖預言者ムハンマド(SAW)ご自身も大変に寛容であられました。

ある時、一人のユダヤ教徒の女が聖預言者ムハンマド(SAW)を殺害しようと、彼の食事に毒を入れました。ムスリム(イスラム教徒)たちが彼女の策謀に気づいて彼女を捕え、聖預言者ムハンマド(SAW)の許に彼女を連れてきました。

聖預言者ムハンマド(SAW)は彼女をゆるし、彼女を罰しはしませんでした。

/309

 

 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016