武装テロリストが南アフリカのシーア派モスクを攻撃

武装したテロリストたちが南アフリカにあるシーア派モスク”イマーム フサイン(AS)モスク”を攻撃し、集団礼拝の指導者、住み込みの管理人と集団礼拝に参加していた
人たちの一人の合計3人に重傷を負わせました。この攻撃により、喉を切られた”モハンマド アッバース エスープ氏”は重傷が原因で殉教しました。また、集団礼拝指導者でフッジャトゥルイスラームのアリー ユースフ氏とシーア派市民一名が病院に搬送されました。





関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016