トルコ軍の対シリア北部攻撃で、民間人18人が死亡

トルコ軍の対シリア北部攻撃で、民間人18人が死亡

報道によりますと、トルコ軍のシリア北部に対する攻撃で、これまで民間人18人が死亡しています。

イルナー通信によりますと、シリア反体制派とつながりのあるNGO・シリア人権監視団は、21日日曜夜、トルコ軍がシリア北部アフリンを攻撃し、この攻撃では、そのほか数名の子供が死亡したと発表しました。

アフリンで行われたトルコ軍の作戦は、20日土曜夕方に始まり、現在も続いています。

トルコ軍の戦闘機は、アフリン周辺の村を空爆しました。

トルコは、この軍事作戦の目的は、アフリンのクルド人勢力の民主連合党とISのテロリストを根絶し、抑圧に苦しむ地域の人々を救済することだと主張しています。

 

シリア外務省は、トルコ軍によるアフリンの攻撃を非難し、この行動はシリアの国家主権の侵害だとしました。

イラン外務省のガーセミー報道官も、シリアの主権の尊重を強調し、「イランはアフリンの作戦が速やかに終わり、トルコとシリアの国境地帯での危機の拡大が防がれるよう希望している」と述べました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016