イエメンで傲慢なものたちによる犯罪に対して百万人単位の抗議行進

イエメンの人々が"傲慢な者たちに対する叫びの日"にちなみ、「アメリカに死を!」「イスラエルに死を!」「サウード家に死を!」といったスローガンとともに百万人単位の抗議行進を行いました。

イエメンの人々がサナア、フダイダ、サアダ、ハッジャとアムラーンにおいて叫びの日にちなみ、傲慢な者たちに対する「アメリカに死を!」「イスラエルに死を!」「サウード家に死を!」といったスローガンとともに百万人単位の抗議行進を行いました。

殉教者(シャヒード)フサイン バドルッディーン フーシー氏(1956~2004)が2002年に提唱した"傲慢な者たちに対する叫びの日"を機にサナア、フダイダ、サアダ、ハッジャとアムラーン各州において「アメリカに死を!」「イスラエルに死を!」「サウード家に死を!」といったスローガンとともに百万人単位の抗議行進を行いました。

参加者の一人は「この叫びは、実際のところ傲慢に対する世界的な叫びである。イエメンは世界の傲慢、つまりアメリカ、イスラエル、そしてサウード家とUAEを主とする侵略的な軍隊に対する抵抗を担っている。」と語りました。

また別の参加者はこのように語りました。

「私たちの叫びは、われわれの女性や子供たちを殺害する者たち・アメリカとイスラエルの代表者であるテロリストたちに対するものである」

彼らはまた、スローガンやプラカードを掲げアメリカ製品とイスラエル製品のボイコットを求めました。

"傲慢な者たちに対する叫び 彼らに立ち向かえ!“として知られる抗議は、世界における傲慢な措置を非難するためイエメンにおいてここ何年間も繰り広げられています。

イエメンの人々は抗議行進の中で「アッラーフ アクバル(神は偉大なり)、アメリカに死を!イスラエルに死を!勝利はイスラムのもの!アメリカは大悪魔!アメリカとイスラエルは世界最大の犯罪者だ!われわれのスローガンと叫びは敵の不合理な覆いを取り除いた!」などと叫びました。

行進が行われる中で殉教者たちの献身を賞賛する詩歌が詠まれ、イエメン国民の献身の成果が勝利であることを強調しました。

また、イエメンの人々はレバノンのヒズボラの事務総長セイエド ハサン・ナスルッラー師のイエメン国民に対する立場に感謝しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018