長崎原爆の日の式典に国連事務総長が出席

長崎原爆の日の式典に国連事務総長が出席

9日木曜、長崎原爆の日の式典が開催され、これに国連のグテーレス事務総長が出席し、世界各国の指導者に対して、核兵器の廃絶に向けて力強い措置を取るよう求めるスローガンが唱えられました。

AP通信によりますと、国連事務総長が長崎を訪問したのは、これが初めてのことだということです。

グテーレス事務総長は長崎市の平和公園で、出席者に対して、「原爆投下から73年がたった現在でも、核戦争の勃発に対する懸念が存在するが、このような虐殺はこれ以上起きるべきではない」と語りました。

また、核兵器廃絶の進展が遅いことについても懸念を示し、「核兵器保有国は、保有する核兵器を新型化している」としました。

 

 

さらに、「核兵器廃絶の進展は遅く、しばしば停止もしている。私は長崎ですべての国に対して、核兵器廃絶に取り組み、緊急の問題として目に見える進歩を遂げるよう求める。長崎が核兵器で破壊された世界最後の場所となるよう、我々は約束しなければならない」と述べました。

被爆者により立ち上げられた核兵器廃絶運動は、世界中に広がり、昨年、核兵器禁止条約が成立しました。

日本は唯一の被爆国であるにもかかわらず、核兵器禁止条約を批准していません。これは日本がアメリカの核の傘の下に入っている、同盟国としての難しい立場によるものです。

 

長崎市の田上市長も、日本政府に対し、朝鮮半島の非核化が実現するよう、特に地域の非核化にむけてよりいっそうの努力を行うことを求めました。

また、「被爆者は北朝鮮の非核化の実現を望んでいる」と述べました。

さらに、日本政府が、北東アジアの非核化に向けたこの機会を実らせるよう、期待感を表明しました。

田上市長は、日本政府に対して、核兵器禁止条約を批准し、世界の非核化に向けた道義的な責任を果たすよう求めました。

また、300以上の地元団体は、日本の核兵器禁止条約の批准を求めているとしました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Quds cartoon 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016