広島の原爆犠牲者の骨から 放射線検出 致死量の2倍

広島の原爆犠牲者の骨から 放射線検出 致死量の2倍

広島の原爆に関するブラジルの物理学者による最近の研究の結果、原爆の犠牲者の体から検出された放射線量は、致死量の2倍だったということが明らかになりました。

ロシア・スプートニクがモスクワから伝えたところによりますと、原爆の犠牲者の骨を調査しているブラジル人の物理学者は、新たな研究の中で、ある犠牲者が致死量のおよそ2倍の放射線を受けていたことを明らかにしました。

この犠牲者の骨は、爆心地から1キロ離れた場所で被爆した人のもので、放射線の検出にはパラマグネティックによる方法が使われました。

これに加えて、ブラジルの物理学者は、最新のデジタル技術を使用しました。

 

この研究は、学者が広島の原爆による影響についてさまざまな見解を持ち、正確な被ばく線量がわかっていなかった時期に行われました。

学者はまた、この問題の歴史的な影響に加えて、存命中の被爆者にも関係していると発表しました。

この研究の調整役をつとめるブラジル・サンパウロ大学の教授は、「この様な技術は、被曝した人の治療やその医薬品への支援となる」と語りました。

アメリカのオバマ大統領は、2016年5月に広島を訪問しましたが、謝罪は行いませんでした。

広島と長崎の原爆投下により、22万6000人が死亡し、広島の犠牲者およそ14万6千人のうち、半数は放射線の被曝により死亡したとされています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018