広島、アメリカによる原爆投下から72年

  • ニュースコード : 846515
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカによる広島と長崎への原爆投下から72年が経過しましたが、この犯罪の記憶は今も、日本の人々の心に刻まれています。

6日日曜には、原爆死没者慰霊式と平和祈念式が行われました。

1ヶ月前、日本は、アメリカ、フランス、イギリスと共に、国連で採択された核兵器禁止条約に署名しませんでした。

フランス通信が東京から伝えたところによりますと、安倍首相は平和記念式典で演説した際、核兵器のない世界を実現するためには、すべての国の協力が必要だとしました。

日本は、国連で採択された核兵器禁止条約を批判し、「この条約は、核兵器の保有国と非保有国の亀裂を深めることになる」としています。

国連のグテーレス事務総長は、広島原爆の日に際し、「核兵器のない世界を実現することは、現実からは程遠い」と語りました。

/309

 


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016