ホンダが入植地でのロードレースをボイコット

ホンダが入植地でのロードレースをボイコット

シオニスト政権イスラエルに対する国際的なボイコット運動の中で、日本企業のホンダが、パレスチナ被占領地におけるシオニスト入植地でのロードレースをボイコットしました。

イルナー通信によりますと、このロードレースは23日金曜と24日土曜、シオニスト入植地で開催予定でした。

国際的な対イスラエルボイコット運動は、パレスチナ人の支持を目的に、世界各国の企業や大学に対して、シオニスト政権と、この政権の占領者に関係する組織へのボイコットを奨励しています。

現在、このキャンペーンは世界各国で拡大しています。

ロードレースにおける著名な選手、ジョー・ロバーツ氏は、「もし、はじめからレースが入植地で行われることを知っていたら、このレースの参加に同意していなかった」と語りました。

シオニスト政権のメディアは、ホンダの行動は反イスラエルボイコット運動に沿っていると伝えています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018