イラン外相が、政治的な手段によるイエメン危機の解決を強調

イラン外相が、政治的な手段によるイエメン危機の解決を強調

イランのザリーフ外務大臣が、改めて政治的な手段や対話によるイエメン危機の解決を強調しました。

ザリーフ外相は、BBCアラビア語放送のインタビューで、「イランは常に、イエメン危機の解決を支援する用意がある」と強調し、「イエメン危機は、イエメン人同士の対話や協議を通して解決されるべきであり、外部の関係国は、自らの思惑を押し付けるのではなく、政治的な解決策にいたるための措置を講じるべきだ」と語りました。

また、「イランは、イエメン危機の勃発当初から、この危機の解決に当たってのサウジアラビアとの話し合いを求めてきたが、サウジはこの提案に反対した」と述べました。

さらに、「サウジがイランのこの提案に反対した理由は、イエメン戦争ですぐに勝利を収められると考えていたためだが、これは実現しなかった」としています。

ザリーフ外相はまた、「イエメンに対するサウジアラビアの軍事攻撃が始まったときから、イランは再びイエメンでの停戦とイエメン人同士の直接対話を提案したが、サウジはこれに反対した」と語りました。

さらに、「イエメン危機の政治的な解決策を見出すチャンスはまだ残っており、サウジがこの危機を平和的に解決する意思があれば、イランはこれを支援できる」と述べました。

サウジアラビアは、アメリカと複数のアラブ諸国の支援を得て、2015年3月からイエメンのハーディ元大統領を復権させる目的で、同国を攻撃しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016