つゆの素で福島県内初ハラル認証 「安心して和食を」、県醤油醸造協組

  • ニュースコード : 870784
  • 出典 : 福島民友
醤油(しょうゆ)、調味料製造・販売の県醤油醸造協同組合(二本松市)の林寛理事長は1日、商品「和風つゆの素(もと)」のハラル認証取得報告のため福島民友新聞社を訪れた。同組合が昨年開発した県内初のハラル認証の醤油に続く商品で、つゆの素の認証取得は県内で初めてという。

同組合は「イスラム教徒の人にもそばやうどん、煮物などの和食を安心して食べてほしい」とPRしている。

 ハラル認証は、イスラム教で摂取を禁じられている豚肉やアルコールなどを使わず、戒律に従って製造されたことを示す。

 商品は豚由来のものやアルコール・みりん類を使わず造られ、今年6月10日に日本アジアハラール協会の認証を受けた。

 だしをふんだんに使ってうま味や甘味を出しており、日本在住のイスラム教徒や観光客が利用する飲食店、宿泊施設などでの需要を見込んでいる。

 同組合の工場や加盟会社、道の駅安達などでも販売している。希望小売価格(税別)は500ミリリットル入り525円、1リットル入り930円、1.8リットル入り1470円。

 問い合わせは同組合(電話0243・22・3171)へ。

 同組合の川又暉之副理事長と紅林孝幸理事・工場長が同行した。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016