「ハラール・フード」お披露目山口大、生協食堂で10月提供へ

  • ニュースコード : 846399
  • 出典 : 山口新聞
Brief

イスラム圏からの留学生の大学生活を支援しようと、山口市吉田の山口大学(岡正朗学長)は、10月2日から吉田キャンパスの生協食堂で「ハラール・フード推奨メニュー」の提供を始める。3日、留学生らを招いたお披露目会があった。

 

 メニューは、カレー3種類(税込み450円)とチキンオーブン焼き(同108円)の計4品。大学生協と留学生が意見を交わし、イスラム教の戒律にのっとった食材を使用。専用の鉄板や包丁、まな板、トングで調理するなど配慮した。ハラール推奨マークも付けて留学生に分かりやすくする。

お披露目会では、岡学長やイスラム圏の留学生や家族ら13人が試食した。バングラディシュ出身で、大学院2年のハサン・カジさん(32)は「大学周辺にハラールフードを提供する飲食店がなく、毎日自宅で調理していた。提供はうれしく、味もおいしい」と喜んだ。

 

岡学長は「ダイバーシティ―キャンパスを目指す山大にとって、留学しやすい環境を整えることは大事。多様性を受け入れ、学生の柔軟な発想につなげたい」と話した。

 

山口大によると、今年の留学生は403人。うちアフガニスタン、イラクなどイスラム圏8か国からの留学生86人が在籍している。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016