「おもてなし」広げよう 奈良で「ムスリムフレンドリー広場」

「おもてなし」広げよう 奈良で「ムスリムフレンドリー広場」

 イスラム教徒(ムスリム)への理解を深めるイベント「奈良ムスリムフレンドリー広場」が16日と17日、奈良市の猿沢遊歩道で開かれ、観光客や家族連れらが訪れた。

日本を訪れるムスリムへの「おもてなし」の輪を広げようと、県内の飲食店経営者やゲストハウスのオーナーらで作る「奈良ムスリムインバウンド推進協議会」が初めて開催。協議会の湯脇智子会長は「奈良を訪れるムスリムは年々多くなってきている。そのためには受け入れる体勢を整えなくてはならない」としている。

 この日は協議会に入会する飲食店が8店参加し、ムスリムが安心して食べられるチキンケバブやカレーなどが提供された。また、ムスリム向けのスカーフ「ヒジャブ」の着用体験や、中東の民族舞踊の披露なども行われた。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016