国連が、イエメンでの飢餓の発生について警告

  • ニュースコード : 814707
  • 出典 : parstoday
Brief

国連のオブライエン人道問題担当事務次長が、イエメンでの飢餓の発生について警告を発しました。

IRIB通信によりますと、国連のオブライエン人道問題担当事務次長は、イエメンを訪問する中、27日月曜、「国際社会は、イエメンにおける人道支援計画の実施費を早急に確保しなければ、イエメンでの飢餓の発生という危険に直面するだろう」と語りました。

オブライエン次長はまた、「イエメンの人々の1900万人から2600万人が食糧支援を必要としており、また、700人が食事の確保においていかんともしがたい状態に陥っている」としています。

サウジアラビアは、アメリカなどの西側諸国やアラブ諸国の支援を得て、ハーディ元イエメン大統領の政権復帰のために、2015年3月からイエメンを全面的に侵略し、封鎖しています。

この侵略により、これまでにイエメン人1万1000人以上が殉教、数万人が負傷したとともに、数十万人が難民となっており、また同国では多くのインフラ設備が破壊され、食料・医薬品が不足しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016