イラン外相が立会い、イラン・ウガンダ医療センター開所

  • ニュースコード : 862920
  • 出典 : parstoday
Brief

ウガンダの首都カンパラで、同国を訪問中のイランのザリーフ外務大臣とウガンのムセベニ大統領の立会いにより、イラン・ウガンダ医療センターが開所しました。

イルナー通信によりますと、カンパラでは、6年前からイランによりこの医療センターの創設プロジェクトが開始され、建設作業の終了後、ウガンダ政府に引き渡されています。

両国によるこの医療センターの設備費は、イラン医師協会及び、国境なきイスラム教徒医師協会が負担しています。

50人収容のこの医療センターは、400万ドルをかけて建設されました。・

 

ザリーフ大臣は24日火曜、ウガンダの首都カンパラに到着し、25日水曜には両国の合同通商会合の開幕式の後、ウガンダのクテサ外務大臣及びムセベニ大統領と会談し、両国間の政治・経済関係の拡大について協議しました。

ザリーフ大臣は、ウガンダに続いてニジェールを訪問し、同国の政府関係者と二国間の問題や地域・世界の最新情勢について会談することになっています。

/309


あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016