ローマ法王、シオニストのガザにおける犯罪を非難

ローマ法王、シオニストのガザにおける犯罪を非難

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王が、最近の、パレスチナ人に対するシオニスト政権イスラエルの犯罪を非難しました。

ロイター通信によりますと、フランシスコ法王は、16日水曜、シオニスト政権による、最近のガザのパレスチナ人殺害を非難し、「中東は、平和と公正を必要としている」と語りました。

さらに、「戦争と武力の行使が平和につながることはない。それどころか、暴力を拡大するだけだ」としました。

アメリカのトランプ大統領は、昨年12月、アメリカ大使館を、テルアビブからベイトルモガッダス・エルサレムに移転することを明らかにしました。

アメリカ政府は、この決定を実施し、14日月曜、大使館をベイトルモガッダスに移転しました。

この国際法に反する行動は、パレスチナ人の大規模な抗議を招きました。

この抗議はシオニスト政権の弾圧に遭い、この中でパレスチナ人60人以上が殉教、およそ3000人が負傷しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016