「米は約束守らない国」イラン大統領 核合意離脱の米を非難

「米は約束守らない国」イラン大統領 核合意離脱の米を非難

イランのロウハニローハーニ—大統領はイラ核合意から離脱し、経済制裁を再開すると発表したアメリカのトランプ大統領を強く非難したうえで、核合意にはとどまる方針を示しました。一方で、合意の存続に向けた関係国との協議の中で国益が尊重されていないと判断すれば、ウラン濃縮を再開させることも辞さないと警告しました。

イランのローハーニ—大統領はアメリカのトランプ大統領の発表を受けて、直ちにテレビ演説を行いました。

この中で、ローハーニ—大統領は「今夜、国際的な合意を順守するのはどちらの国かが明らかになった。アメリカは約束を守らない国だ」と述べて、トランプ大統領の判断を強く非難しました。

そのうえで、「トランプ大統領の不道徳な発言にもかかわらず、核合意は今後も維持され、世界の平和と安定に役立てられる」と述べて、イランとしては核合意にとどまり、合意の参加国であるヨーロッパの各国やロシア、中国との間で、アメリカ抜きで合意を存続させるための協議を行う方針を示しました。

一方で、イランのミサイル開発などに懸念を表明しているヨーロッパの国を念頭に、「必要となれば工業用のウラン濃縮を制限なしで再開する」とも述べて、今後の協議の中で国益が尊重されていないと判断すれば、ウラン濃縮を再開させることも辞さないと警告しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016