米ナショナルインタレスト誌

「イラン人核科学者の暗殺は、アメリカが”テロである”とはしない犯罪」

「イラン人核科学者の暗殺は、アメリカが”テロである”とはしない犯罪」

アメリカの雑誌ナショナルインタレストが、記事の中で、イランの核科学者に対するシオニスト政権イスラエルによるテロを検証しました。

ナショナルインタレストは、「シオニスト政権はどのようにしてイランの核計画を消滅させようとしたか、科学者の暗殺」と題した記事で、4人のイラン人核科学者の殉教の仕方を提示し、テロを定義する上でのアメリカと西側諸国のダブルスタンダードを批判しました。

この記事はまた、「この行為がイスラエルやアメリカの核科学者に対して行われた場合、テロと呼ばれるような戦術を利用している点は否定しがたい」としました。

さらに、「明らかに、この行為が賞賛されるか、テロとして非難されるかは、その方法ではなく、誰がそれを行ったかによる」としました

アリー・モハンマディ博士は2010年1月12日、シャフリヤーリー博士は同年11月29日、レザーイーネジャード博士は2011年7月23日、アフマディーロウシャン氏は2012年1月11日に、アメリカとシオニスト政権によって雇われた人物がテヘランで起こしたテロにより、殉教しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018