EUがサウジアラビアのイエメン攻撃を非難

EUがサウジアラビアのイエメン攻撃を非難

EUが声明を発表し、サウジアラビア主導の連合軍の戦闘機による、イエメンの民間人に対する攻撃を非難しました。


サウジアラビア連合軍の戦闘機は、今月2日、イエメン西部フダイダの病院を爆撃しました。

これにより、少なくともイエメン人60人が死亡、120人が負傷しました。

アルジャジーラによりますと、EUは声明の中で、イエメン攻撃による数多くの人道的悲劇に触れ、彼らに対して民間人を攻撃しないよう求めました。

国際赤十字も、4日土曜、声明の中で、フダイダの魚市場と病院に対する攻撃に反応を示しました。

サウジアラビア主導の連合軍は6月13日にも、フダイダ港を占拠するため、この3年で最大規模の攻撃に着手しましたが、何の成果も上げることができていません。

サウジアラビアとその同盟国による攻撃により、これまでイエメン人1万4千人が死亡、数万人が負傷し、数百万人が住む家を失っています。/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018