エジプトのアズハル大学「シオニストの犯罪に対する沈黙は、この犯罪の隠蔽に等しい」

エジプトのアズハル大学「シオニストの犯罪に対する沈黙は、この犯罪の隠蔽に等しい」

エジプトのアズハル大学が、「パレスチナ人の平和的なデモ行進の弾圧というシオニストの犯罪に対する沈黙は、この犯罪の隠蔽に等しい」という声明を出しました。

イルナー通信によりますと、非同盟諸国の外相は、この最終声明で、ガザ地区におけるシオニスト政権軍による最近の犯罪を非難し、この政権の人権侵害と犯罪を即時停止させることを求めました。

また、パレスチナ人の住宅や財産の破壊や入植地の建設、民間人数千人の逮捕といった、パレスチナ人に対するシオニスト政権の敵対行為を非難しました。

 

先月30日にあたる、42回目のパレスチナの「土地の日」から、数千人のパレスチナが、祖国帰還の権利を求める平和的なデモの中で、ガザ地区と被占領地の境界線に向けて行進を行いました。シオニスト政権軍はこの行進に攻撃を加え、これによりこれまで少なくともパレスチナ人31人が殉教、数千人が負傷しています。

非同盟諸国の中間外相会合は5日木曜から6日金曜まで、バクーで行われました。この会合に、120カ国の加盟国、17カ国のオブザーバー国、10の国際団体の代表800人が参加しました。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016