赤十字国際委員会、イエメン・フダイダの人道危機に警鐘

赤十字国際委員会、イエメン・フダイダの人道危機に警鐘

イエメンの赤十字国際委員会の広報担当が、フダイダ州の人道危機について報告しました。

赤十字国際委員会の広報担当は、ラジオ・サワーのインタビューで、フダイダ州の多くの人々が、特に衛生・医療面での緊急の人道支援を必要としているとしました。

在イエメン国連人道問題調整事務所も、20日木曜、イエメン西部フダイダの戦争により、現地の7万6千世帯以上が住む家を失ったとしました。

国連のグランデ・イエメン担当人道調整官も、イエメンの民間人数十万人は、フダイダ州での戦闘により、生き残るために戦っており、これにより、この州の子供25%が栄養不良に陥り、90万人も食料を得られる見込みがないとしました。

サウジアラビアとアラブ首長国連邦は6月13日から、フダイダ港を占領するために大規模な攻撃を開始しましたが、これまで成功を収めていません。

フダイダ港は、イエメン向けの人道支援を移送する上での主要ルートに位置しています。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018