米とサウジが、コレラ菌の拡散によりイエメン人を集団殺害

  • ニュースコード : 845689
  • 出典 : parstoday
Brief

アメリカとサウジアラビアが、イエメン人に対する生物兵器による戦争において、同国民を殺害するためコレラ菌を利用しています。

メディアサービス・トランセンド(Transcend Media Service)が1日火曜、報じたところによりますと、現在イエメンではコレラが広範囲で蔓延しており、多くの人々が水を通じて体内に入ってくるコレラ菌により、命を落としているということです。

この報告によりますと、イエメンでは給水源や下水システムがサウジアラビアの攻撃により破壊されており、飲料水の給水源がコレラ菌で汚染されており、この問題はアメリカとサウジアラビアにとってイエメン人を殺害する生物兵器となってています。

また、イエメンの2500万人の人々はコレラ感染を予防するための手段が全くないと強調し、「イエメンでのサウジアラビアの戦争犯罪は、アメリカのトランプ現大統領のみならず、オバマ前大統領にも支援されており、近いうちに収束する見込みは薄いと見られる」と報じました。

国連は、この1年間におけるイエメンでのコレラの蔓延と飢餓は、世界でもこれまでに例のないものだとしています。

トランセンドはさらに、「アフガニスタン、イラク、シリアにおけるこの数ヶ月間のアメリカによる民間人の殺害の増加に触れ、アメリカのような帝国主義国は、自らの権力が脆弱化したときには必ず民間人の殺害という行動に出ている」としています。

309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016