最高指導者の、敵に対する抑止力維持の強調

最高指導者の、敵に対する抑止力維持の強調

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、しかるべきときに十分な能力と安全保障を備えることが、イランの治安部隊の主な目標だとしました。

ハーメネイー師は、8日日曜、治安部隊の上級司令官らと会談し、この目標の重要性を強調すると共に、現在はイランの栄誉の時代であるとし、次のように語りました。

 

「現在、イスラム体制が前例のない攻撃を受けているのは、この体制が日々、力を増しているためである。敵は、この増大する力に強い危機感を抱き、攻撃を拡大している」

治安部隊の防衛力の維持、向上と、これまでの多くの成果を深めることへのハーメネイー師の強調は、戦略的な重要性を有しています。ハーメネイー師はこれについて、以前にも、士官学校の卒業式で演説した際、現在、覇権主義者は、我々の力が地域を覆っていることに不満を抱いているとし、次のように語りました。

 

「これはイランの力である。我々にとって、国力の要素となるものは、我々の敵にとっては、障害の要素となり、それに対抗する。彼らは地域や地域外の人々の間で、イランの力が拡大することに反対している。なぜなら、それは力の源であり、国の戦略の深さであるからだ。彼らは、国の防衛力や軍事力に反対する。我々の敵は、国の力の要素や手段となるものすべてに反対している」

 

イランは、地域の軍事的な衝突や緊張を追い求めたことはありません。一方で、敵や侵略者に対しては、いつ、どこであろうと、安全保障を崩す元凶に対抗することを示してきました。また、抑止力や防衛力を拡大する上で、他国の許可を得ることはありません。イランは、さまざまな脅威に対抗するために抑止力を維持する上で、2つの目的を真剣に追求しています。

一つ目は、防衛産業、特にミサイル防衛力を国産化することです。これは、抑止力の問題において戦略的な重要性を有しています。

そして二つ目は、この動きを加速するための人材の育成と最新の教育システムの利用です。

イランの国力は、治安部隊の成長にも見て取れるように、否定できない事実です。

アメリカの次期国務長官に指名されているポンペオCIA長官は、次のように語っています。

 

「イランは有力な国であり、地域に大きな影響力を持っている。イランに対抗するのは、ほぼ不可能だと考えている」

アメリカの著名な言語哲学者、チョムスキー氏は、これについて、イランに対するアメリカの根拠のない非難に触れ、次のように語っています。

 

「アメリカは、イランを平和にとっての最大の脅威と見なしているが、世界は、アメリカこそ、世界の平和の最大の脅威だと考えている」

誕生から40年目を迎えたイスラム体制を擁するイランは、地域で最も強力かつ有効な政治、社会、軍事体制を有しています。地域の危機をコントロールする上での、この数年のイランの役割は、イランの治安部隊の地位や備えの重要性を示しているのです。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

mourning-of-imam-hussain
haj 2018
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016