最高指導者、「過去40年の敵のすべての動きは、革命に対する反撃」

最高指導者、「過去40年の敵のすべての動きは、革命に対する反撃」

イランイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、イランの最近の情勢について、「過去40年、敵が我々に対して行ってきたすべての動きは、革命に対する反撃だ」と語りました。

ハーメネイー師は、9日火曜、テヘラン南方の都市コムで数千人の人々を前に演説し、「革命は、政治的な点から、国内の敵の根を絶った。敵は今、反撃に勤しんでおり、そのたびに敗北を喫している。何か行動を起こすが、国民の抵抗の前に、なすすべを失っている」と語りました。

ハーメネイー師は、イラン全国で、この数日、イスラム革命を支持する大規模な行進が行われていることに触れ、「今回も、国民は全力でアメリカとイギリス、外国に住むイランの反体制派に対し、今回も不可能であり、今後も不可能だと伝えている」と述べました。

さらに、「敵の陰謀に対する、これほど熱情に溢れ、洞察力を伴い、統率のとれた国民による壮大な動きは、世界のどの場所でも見られないものであり、この40年続けられている」と語りました。

また、「国民の国民に反する動きとの戦い、イランのイランに反する動きとの戦い、イスラムのイスラムに反する動きとの戦いは続けられてきた。もちろん、今後も続けられるだろう」と強調しました。

先ごろ、イランの一部の都市で、人々が集会を開き、スローガンを叫び、破綻した金融機関の預金状況の先行きが不透明であること、物価の高騰、政府の管理能力の弱さに抗議しました。

この集会の一部が、外国の支援を受けた暴徒らによって暴動に発展しました。

アメリカ、シオニスト政権イスラエル、サウジアラビアの関係者や外国のメディアは、この国民による集会を悪用し、この集会を暴動に導こうとしました。

しかし、イランの国民は、先週水曜から、各地で自発的にデモを実施し、公共の財産の破壊における暴徒や敵の新たな陰謀に嫌悪と怒りを示しました。

 /309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016