最高指導者、「核合意における誤った行動はイランの反発に遭う」

  • ニュースコード : 854808
  • 出典 : parstoday
Brief

イラン全軍の総指揮官を務めるイスラム革命最高指導者のハーメネイー師が、「イラン国民は力強く立ちはだかっており、核合意における覇権主義体制の誤った行動は、イランの反発に直面するだろう」と強調しました。

ハーメネイー師は、17日日曜、士官学校の卒業式で、核合意におけるアメリカの不遜さに触れ、「アメリカは、核合意において、日々、挑発的な行動を見せており、これは、アメリカを大悪魔と呼んだホメイニー師の指示が正しいことを示している。アメリカの政権は本当に最も邪悪な悪魔だ」と語りました。

ハーメネイー師は、「核協議における多くの議論や取り決め、決まりごとがあったにもかかわらず、アメリカのこの協議とその結果に対する対応は、完全に圧制的で理不尽なものだ」と述べました。

さらに、「アメリカは、イラン国民が、自らの誇り高く力強い立場を守り、国益に関する重要な問題において、後退することに意味はなく、全身を続けることを知るべきだ」と強調しました。

また、イラン国民への敵対が増えているのは、イラン国民が他の国民の模範になっているためだとし、「アメリカのうそつきの堕落した政府関係者は、イラン国民とイスラム体制を嘘つきだとして非難しているが、イラン国民は、誠実に行動し、誠実にその道を最後まで進むだろう」としました。

ハーメネイー師は、他国の人々を弱め、自分たちの不当な利益を確保し、地域に影響力を行使するためのアメリカとシオニストの邪悪な干渉に触れ、「彼らはかつて、ISを誕生させ、敬虔な若者と抵抗勢力の努力により、ISが消滅寸前になると、別の卑劣な方法を追求している」と述べました。

さらに、アメリカをはじめとする覇権主義大国の影響力に対抗する唯一の道は、地域の政府や国民の能力を感じ、それを活用することだとし、「もし後退すれば、敵が前に進むだろう」と強調しました。

/309


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

Arabian of imam hussain
mourning-of-imam-hussain
پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016