国際機関が、イエメンの人道上の悲劇について警告

国際機関が、イエメンの人道上の悲劇について警告

複数の国際機関が、イエメンにおける人道上の悲劇、そして多数の子供が殺傷されている現実に警告を発しました。

ユニセフは、2015年3月にサウジアラビアのイエメン攻撃が始まって以来、およそ5000人のイエメンの子供が死傷している事を明らかにしました。

イエメン駐在のユニセフ代表は16日火曜、首都サヌアで記者会見し、1000日以上に上るサウジアラビアのイエメン攻撃で、1日あたり平均して5人のイエメン人の子供が死傷していると語りました。

ユニセフの報告では、イエメンでは現在40万人の子供が深刻な食糧不足に瀕しており、また180万人の子供が栄養不良に苦しんでいることが示されています。

ユニセフはまた、サウジアラビアによる戦争で、イエメンの256の学校が破壊され、ほかの150の学校が難民の避難所に当てられているとしました。

ユニセフの報告によりますと、イエメン人の子供の70%は家族とともに貧しい生活を送っており、また、イエメン難民290万人のうち半分以上が子供だということです。

ユニセフの報告では、イエメンでは現在40万人の子供が深刻な食糧不足に瀕しており、また180万人の子供が栄養不良に苦しんでいることが示されています。

ユニセフはまた、サウジアラビアによる戦争で、イエメンの256の学校が破壊され、ほかの150の学校が難民の避難所に当てられているとしました。

ユニセフの報告によりますと、イエメン人の子供の70%は家族とともに貧しい生活を送っており、また、イエメン難民290万人のうち半分以上が子供だということです。

国連のドゥジャリク事務総長報道官は、アラブ連合軍によるイエメンの国境封鎖がもたらす結果に懸念を示し、「イエメンは、この数十年間で世界最大規模の飢餓に瀕している」と語っています。

サウジアラビアは、アメリカや一部のアラブ・西側諸国の支援を得て、国連の沈黙の中で、2015年3月からイエメンを攻撃し、完全に封鎖しています。

この攻撃で、数万人以上のイエメン人が死傷、数百万人が難民化したほか、イエメンは食糧や医薬品の深刻な不足と複数の病気の蔓延に瀕しています。


関連コンテンツ

あなたのご意見をお寄せください

あなたのメールアドレスは公開されません。エントリーフォームの必須項目には*印が付いています。

*

پیام امام خامنه ای به مسلمانان جهان به مناسبت حج 2016
haj 2018